マカはペルーの国家事業

マカはペルーの国家事業

マカに様々な薬効があることが世界中から認められており、原産国であるペルーではマカを国家事業として推進しています。

 

その中で、マカの薬効に対する研究や調査も盛んに行われており、特に注目されているのはインポテンツや不妊症に効果があるという部分です。

 

海外のメディアでも取りざたされて一躍有名になったマカの効果については世界中から注文が殺到しているのです。ペルーにとっては、有力な輸出特産品だけに、国家事業として研究や調査が進められており、法律も定めて国家規模で商品価値を高めています。

 

マカの研究では、有効成分をマウスに投与することもお粉まれました。この結果では、マカを投与したネズミでは卵胞の成熟が確認され、が向上することがわかっています。

 

マカを含んだ餌を6か月与え続けられた10匹のネズミグループと与えられていない10匹のグループとでは、子供の数の差に大きな違いがありました。

 

マカに含まれるアルカロイドには、男性のストレス性のインポテンツを改善鵜する作用があります、また女性の場合には卵胞を成熟させる働きもあったのです。

 

マカには人間も含めて妊娠を促進する働きがある。マカには、受精後の受精卵の生育を正常な状態に近づける働きがあるということなのです。

 

マカに豊富に含まれるリジンやアルギニンなの必須アミノ酸や活性物質によって、生殖能力が高められたと考えられます。

 

マカの様々な有効成分によって受精卵を育む生殖能力が向上し、安定するのです。せっかく受精しても受精卵が子宮の壁にしっかり着床しない限り、流産してしまう可能性が高いからです。