マカの栽培方法について

マカの栽培方法

マカの伝統的な栽培方法と、毎年開催されるマカ祭り。ペルーの大自然の中、マカの臭覚は5月から7月にかけて、種まきは9月から11月にかけてです。基本的には粗放農業で栽培され、地中で発芽して根付くまで、いつの間にか冬を越して出来上がっているという、農薬いらず雨水待ちの、あまり手のかからない作物なのです。

 

しかし、マカ栽培には亜鉛などのミネラルが豊富に含まれた土地が必要です。厳しい自然環境の中で、このような土地はそうはありませんので、ごく一部の村でした栽培できないのです。

 

しかもマカを栽培した土地は養分をたくさんマカが吸収してしまいますので、しばらくは使えなくなります。マカ収穫後は羊などの家畜を買います。5年から6年休んだ土壌には家畜の堆肥が充分になじみ、また栽培を始めるという完全な有機農薬栽培です。

 

マカの種まきの時には、かつての部族の人たちは、豊作を祈って畑で踊り、歌っていたと伝えられています。アンデスの山々にマカの豊作を祈る歌がこだまして、マカは地中で冬を越します。

 

マカの豊作を祈る祭りは、高原の民族であるインディオの伝統的な祭りで、毎年盛大に行われています。

 

収穫は主に手で行われ、収穫後は丁寧に乾燥させます。牛や馬の分をたっぷり混ぜ込んだ土地でないと、マカはうまく育たないといいます。と言うのも、マカは一度栽培すると、その土を8年間枯渇させるほど、土から栄養価を奪ってしまう言い伝えがあるからです。

 

その栄養価はまさに、もう一つのアンデスの軌跡と呼ぶにふさわしいもので、その効果は天然のバイアグラと呼ぶにふさわしいものです。