NASAも認めたマカ

NASAも認めたマカ

マカの薬効のすばらしさを証明する事実があります。宇宙関連事業として世界的にも有名なNASAが、マカを宇宙飛行士の食糧として採用したのです。

 

実は宇宙飛行士は危険で過酷な仕事です。重力の乏しい宇宙空間で生活するために、生理機能の不調を起こす宇宙飛行士も多いのです。宇宙飛行士は強靭な肉体と明晰な頭脳、そして優れた反射神経などが必要とされています。

 

このような能力を宇宙空間で維持するための食物としてマカが最適だとNASAに判断されたのです。これはマカが非常に優れている食品だと認められたということなのです。

 

マカが取り上げられた理由としては、マカが含んでいる必須アミノ酸です。アミノ酸はたんぱく質の素材で、タンパク質は、私たちが生まれていく上で欠かせない栄養素です。

 

人間の心臓、血液、皮膚などの細胞組織の主成分はたんぱく質なのです。つまり質の良いたんぱく質を体内に取り入れることでこれらの臓器の質が向上するのです。

 

それだけではありません。各種のホルモンも、その主成分はたんぱく質なのです。また卵子や精子などもタンパク質から生成されているのです。

 

タンパク質はいわば生命の源と言えるものなのです。このたんぱく質の材料となる必須アミノ酸を豊富に含むマカは、まさに体力増強にぴったりなのです。

 

また、宇宙飛行士たちの頭脳や反射神経を磨いてくれるのは、マカにたっぷり含むアルカロイドや、アントシアニン、サポニン、テルペノイド、デキストリンなどの活性物質なのです。

 

活性物質とは、様々な生命活動、生理活動を活性化してくれる物質です。その働きの中には、脳や交感神経、運動神経の活性化も含まれています。

 

宇宙飛行士がマカを食べれば、自然に脳や神経の働きが向上して、宇宙での厳しい仕事を行うことができるのです。